ラボについて – 燕の巣 サイエンス・ラボ

燕の巣サイエンス・ラボとは

「燕の巣」は、古来より高級食材として珍重されてきました。健康と美を求めて楊貴妃や西太后が毎日口にしていたといわれています。 近年、その効果に再び注目が集まっており、食材のみならず、多くの関連商品・サービスが誕生し、市場が拡大しつつあります。 その一方で、「高級そう」、「健康に良さそう」といった漠然としたイメージばかりが先行し、その効果・効能がきちんと理解されていない状況にあります。 そこで、「燕の巣」の正しい知識や健康・美容価値を広く知っていただくために、 詳しい専門家を中心に「燕の巣サイエンス・ラボ」を設立しました。当ラボでは、科学的視点を交えながら、「燕の巣」の魅力について情報発信を行っていきます。

参画メンバー

燕の巣サイエンス・ラボ 参画メンバーをご紹介いたします。

相良さがら博典ひろのり 先生

昭和大学 医学部 内科学講座(呼吸器・アレルギー内科学部門)主任教授
昭和大学病院 呼吸器・アレルギー内科 診療科長

獨協医科大学大学院医学系研究科修了後、英国サザンプトン大学に留学。獨協医科大学内科学(呼吸器・アレルギー)准教授、獨協医科大学越谷病院主任教授などを経て、昭和大学内科学講座(呼吸器・アレルギー内科学部門)主任教授に就任。日本アレルギー学会理事、2019年の第68回日本アレルギー学会学術大会(東京国際フォーラム開催予定)会長に就任。WHO-GARD Board memberでもある。専門は喘息、COPD、呼吸器感染症、免疫学的呼吸器疾患、臨床アレルギー学、関節リウマチ、慢性咳嗽。